kmcarrefresh’s diary

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他案内

ボディ塗装色のメリット、デメリット

f:id:kmcarrefresh:20200214181845j:plain

淡色のパールホワイト

f:id:kmcarrefresh:20200214182403j:plain

濃色のブラック



ボディに塗られている塗装は、大きく分けると淡色、濃色に分けられます。塗装色におけるメリットとデメリットをご案内すると、

①淡色

白、白パール、黄、シルバー、水色、ベージュ、など

②濃色

黒、紫、紺、赤、グレー、緑 など

 

淡色のメリット

 ①手入れが楽。

 ②洗車傷雨ジミが目立たない。

デメリット

 ①汚れや水垢が目立つ。

 ②艶や光沢が弱い。

 

濃色のメリット

 ①艶や光沢がある。

 ②汚れや水垢が目立たない。

デメリット

 ①手入れが難しい。

 ②洗車傷雨ジミが目立つ。

(上記回答は、塗装の質や硬さ、柔らかさなどから、どの車両も同一の状態になるとは限らない事をご了承願います)

 

ここで一つ言える事は、塗装色によって状態が見え難いだけで、淡色も濃色も痛みがある場合、それが目立つと言う事です。

 

対策や改善策は?

①新車時にコーティングで対策をする。

②既存車はコーティングで改善する。

ボディ色からリスクを軽減するコーティング剤をご選択頂ければと思います。

 

どうぞ宜しくお願い致します。