車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

BMW 2シリーズグランツアラー 新車磨きGLASSPELコーティング

f:id:kmcarrefresh:20200415214553j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200415214420j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200415214439j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200415214508j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200415214530j:plain

新車磨きコーティング


3月登録の新車コーティングを施しました。

先日、カーフィルムのご依頼を頂いた時にボディ状態を確認しておりました。

状態の良い車両は、洗車してコーティングを施す事も可能ですが、

当店では、新車も磨いてコーティングを施します。

 

綺麗な車両をわざわざ磨いたりする必要はないのでは?

何故、新車の下地処理、磨きを施すのか?

そのご説明ですが、

①新車は元々綺麗ですが、磨くとそれ以上に艶や光沢が出る。

②ボディを磨いて、コーティングの定着率を上げる。

③新車でも鉄粉やダメージが確認されるので改善する。

 

コーティング剤を塗布すると艶や光沢が出ますが、磨くと磨きとコーティングの相乗効果で更に輝きます。

最良の新車状態にしてからコーティングを施したいという事です。

 

施工車両を画像でご案内させて頂いておりますが、特に淡色は艶、光沢が出難く判り辛いですが、磨きコーティング後は確実に艶、光沢が上がります。

『磨きで出した艶をコーティング剤の艶で覆いたい』と当店では考えます。

 

どうぞ宜しくお願い致します。