車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

磨き工程に付いて

現在、当店ではボディ磨き工程は明記しておりませんが、

通常、新車より程度の悪い既存車の方が磨き工程は増えます。

 

磨き工程の例として

①最初に粗磨き、

②次に中間磨き

③最後に仕上げ磨き

と3工程の磨きですが、

 

それよりも考えなければならない事として、

ポリッシャーの選択

②バフの選択

コンパウンドの選択

この3つを組み合わせて仕上げて行くことが重要になると当店では考えます。

細分化すると、使用するポリッシャーで付かうバフやコンパウンドの選択が発生してくると言うことです。

それを考えると、

工程も勿論大事ですが、

それ以前にどの組み合わせがベストなのか?

どうしたら、最良の仕上がりができるのか?

塗装の質、程度、ボディ色、塗装膜と相談しながら

今までの経験と知識で

ポリッシャー、バフ、コンパウンド

を選択しながら、磨き技術で改善して行きます。

 

新車は元々綺麗で、磨かないでコーティングを施す店舗もあるかと思いますが、

当店では、新車も磨いてコーティングを施しております。(その理由は

磨き工程的にはダメージが確認されない場合は基本、仕上げ磨きの1工程になりますが、

部分的にダメージが確認された場合は、程度により磨き工程が増える場合もございます。

 

車両はそれぞれ塗装質や程度が違います。

それに合わせた最良の磨きを施し、コーティングを塗布する事が当店では重要になると考えます。

工程は、判断の結果、その工程になったと考えます。

 

どうぞ宜しくお願い致します。