kmcarrefresh’s diary

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他案内

ポルシェ マカンターボ 部分(パネル)コーティング

f:id:kmcarrefresh:20200218094236j:plain

リアハッチ、リアテールライトの部分コーティング

f:id:kmcarrefresh:20200218094958j:plain

ボンネットの部分コーティング


コーティグが施されている車両を鈑金塗装で修理されると、どうなるかお解りでしょうか?

修理された部分(パネル)のコーティングが取れてしまいますので、コーティング維持の為に再コーティングが必要になります。

再コーティングは自分でぶつけた場合、相手からぶつけられた場合、どちらでもない場合と3項目に判れますが、

 

ぶつけた場合、

①施工証明書の内容が有効の場合、ご自身で入られている車両保険で修復可能です。

②当店でパネル毎の部分コーティングを受け付けます。

 

ぶつけられた場合、

施工証明書の内容が有効な場合、相手の保険で再コーティングが可能ですので、ご相談下さい。

 

どちらでもない場合、

部分コーティングを受け付けますので、気になる部分、状態が悪いパネルをお知らせ下さい。

 

今回は部分(ボンネット、リアハッチ、リアライト)コーティングを施しました。当店で鈑金塗装も受け付けますのでご相談下さい。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

パネルコーティング 埼玉「K.Mカーリフレッシュ」

ヘッドライトコーティング 埼玉「K.Mカーリフレッシュ」

 

 

スズキ ワゴンR カーフィルム剥がしと施工

f:id:kmcarrefresh:20200215180649j:plain

フィルム剥がし、糊跡の状態


f:id:kmcarrefresh:20200215180709j:plain

フィルム糊跡除去後


f:id:kmcarrefresh:20200215180723j:plain

カーフィルム、原着スモーク30%をリアサイドガラス(窓が下がる部分)に施工

カーフィルムを剥がす場合、簡単に剥がれるかどうか、剥がしてみないと判らないケースは多いです。

簡単に剥がれる場合、剥がれないでフィルムがボロボロになってしまう場合など様々ですが、今回はフィルム施工後約2年経過の屋外保管のサイドガラスを剥がした状態でした。

フィルムの種類などにもよりますが、年数を追うごとにフィルムはガラス面に貼り付いて行くので、年数が経つほどフィルムは剥がし難くなります。屋外保管で一年経過すると暑い夏を経過する事になるので、フィルムを剥がすと糊跡が結構残るケースは多いです。

今回はお客様がご自身で剥がされましたが、やはり糊跡が全面に残ってしまったので、その処理のご相談を頂きました。

スモーク7%のフィルムを剥がされましたが、視認性が確保できる濃さのフィルムをご希望でしたので、糊跡を綺麗に除去し原着スモーク30%を施工致しました。

この位の濃さですと、プライバシーガラスの上に貼っても視認性は良くなるので、以前より外の状況が把握できます。

アサイドドアガラスは左右のドア1枚に対して2面(下がる窓と小さな窓)ですが、下がる窓の部分を貼り替えました。フィルムの濃さも徐々に濃くなるので、小さな窓との違和感もなく、自然な感じになりました。

 

カーフィルム専門店 埼玉「K.Mカーリフレッシュ」

カーフィルム剥がし 埼玉「K.Mカーリフレッシュ」

 

 

ボディの洗車傷に付いて

f:id:kmcarrefresh:20200214204350j:plain

ボンネットの洗車傷


f:id:kmcarrefresh:20200214202847j:plain

サイドパネルの洗車傷

最近、洗車してもボディ艶や輝きがなくなったと感じる事はないでしょうか?

その原因は、もしかしたら洗車傷かもしれません。

汚れやすい環境に保管されていたり、洗車方法が良くなかったり、年数が経過すると、車ボディに洗車傷が増えてきます。

増えてくると、

艶や光沢が無くなったり、ボディ表面がデコボコするので水垢付着の原因になります。

何か溶剤を使って解決しても、一時的には水垢が消え、艶や光沢が出て傷が消えたように見えますが、根本的な解決には至らないので直ぐに元の状態に戻ってしまうので、綺麗な状態を維持するには手間も掛かります。

確認方法として、

曇りや雨の日は判り難いですが、晴れの日や良く見えるライト下であれば夜間でも見えます。

磨いた事のある車両や鈑金塗装後にボディがモヤモヤと揺らいで見える場合、オーロラマークと言う車磨きで付いた傷もございます。

洗車傷は淡色より濃色の方がより目立ち判りやすいですが、淡色でも見えないだけで傷はございます。淡色などで良く判らないお客様は当店ブース内で確認致しますのでご相談下さい。

通常、新車時が洗車傷は最も少ないですが、年数が経過する程、洗車傷は増えて行きますので、どこかでリセットしないと戻らないと言う事になります。

解決策として、

一度、丁寧な下地のリセットで艶や光沢が復活させた綺麗な状態を取り戻し、コーティングを施す。

コーティング後は、

洗車が楽になり手間が省け、水洗いで簡単にピカピカの状態が取り戻せます。

どうぞ宜お願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポルシェ マカン メッキモールコーティング

f:id:kmcarrefresh:20200213133553j:plain

窓周りのメッキモールくすみ


f:id:kmcarrefresh:20200213133319j:plain

改善後のメッキモール


f:id:kmcarrefresh:20200213133644j:plain

ルーフレールくすみ、ビフォーアフター



コーティングでお預りした車両ですが、ボディを拝見した所、メッキモールのくすみが目に留まりました。折角コーティングでボディが輝いても、モールがくすんでいると、綺麗さが失われ全体の印象も引き締まらなくなります。

そこで今回、ボディのコーティングと同時にメッキモールのくすみも改善することになりました。

国産車はあまり見かけないですが、欧州車のメッキモールがなりやすく、素材や環境などの違いから徐々に劣化して行く場合がございます。

この様な、簡単に落ちない厄介なメッキモールのくすみを、部品交換なしに改善することが可能です。

程度にもよりますが、丁寧な下地処理を施しコーティングを塗布する事で、新品とほぼ遜色のない状態まで復活させることができますので、メッキモールのくすみでお困りのお客さまはご相談下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。

kmcarrefresh.jp

 

 

 

 

 

 

車ボディのシミに付いて

f:id:kmcarrefresh:20200214164301j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200214164051j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200214164514j:plain

ボディ平面部のシミ(ルーフ、ボンネット)

車ボディに洗車しても取れないシミはないでしょうか?

シミも分けると簡単に落ちてしまう軽傷のシミから重症のシミまでございます。

軽傷のシミはボディに乗っかっているシミなので、洗車や溶剤で落ちてしまいます。

それでは、洗車しても取れないシミは、どの様な状態なのでしょうか?

シミは一見、表面に付着している様に見えますが、雨と太陽光の連鎖反応で塗装を抉ってしまう陥没したシミがございます。このシミは洗車や溶剤など使用しても落ちません。

ここから何を言いたいのかご説明に入ります。

コーティングニューは基本、新車か既存車の2選択が殆どですが、その作業内容に付いてです。特に既存車の場合、シミの程度があるにも拘らず、状態を把握、考慮しないでどのパネルも一律の処理で対応されてしまう場合があると言う事です。

シミは基本、陥没した所まで磨かないと改善できませんが、

闇雲に磨く事は出来ません。塗装膜が無くなってしまうからです。重症の陥没シミは塗装膜の関係から改善しきらずに、シミの輪郭が一部残る場合やシミの輪郭がぼやける範囲に収める(収めなければならない)場合もございます。

逆に、磨きが十分でないとシミが残る状態となります。当初の状態から殆ど改善されず作業完了となる可能性もございます。後から気が付いてもこのシミは除去出来なかったと言われるかもしれません。重症のシミは平面部に殆どなりますので、大型1BOXなどのルーフ面積が大きく高く見え難い部位は、手抜きをされる可能性もございます。

コーティングコースやご予算との兼ね合いも御座いますが、この様な場合、作業される前にやはり現状を作業者と一緒に確認、試作業を含め説明を受けてからどのレベルまで改善されるのか確認する事は必要になると当店では考えております。仕上がりに影響を及ぼす大事な作業になるからです。

当店では再三申し上げている通り『最良の下地処理』を基本としているので、重症のシミも塗装膜を考慮しながら、できる限り改善しコーティング塗布する事を考えております。

どうぞ宜しお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディ塗装色のメリット、デメリット

f:id:kmcarrefresh:20200214181845j:plain

淡色のパールホワイト

f:id:kmcarrefresh:20200214182403j:plain

濃色のブラック



ボディに塗られている塗装は、大きく分けると淡色、濃色に分けられます。塗装色におけるメリットとデメリットをご案内すると、

①淡色

白、白パール、黄、シルバー、水色、ベージュ、など

②濃色

黒、紫、紺、赤、グレー、緑 など

 

淡色のメリット

 ①手入れが楽。

 ②洗車傷雨ジミが目立たない。

デメリット

 ①汚れや水垢が目立つ。

 ②艶や光沢が弱い。

 

濃色のメリット

 ①艶や光沢がある。

 ②汚れや水垢が目立たない。

デメリット

 ①手入れが難しい。

 ②洗車傷雨ジミが目立つ。

(上記回答は、塗装の質や硬さ、柔らかさなどから、どの車両も同一の状態になるとは限らない事をご了承願います)

 

ここで一つ言える事は、塗装色によって状態が見え難いだけで、淡色も濃色も痛みがある場合、それが目立つと言う事です。

 

対策や改善策は?

①新車時にコーティングで対策をする。

②既存車はコーティングで改善する。

ボディ色からリスクを軽減するコーティング剤をご選択頂ければと思います。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

車ボディに外敵要因で受けたダメージは何処まで改善できるのか?

車ボディのダメージは様々な外敵要因からダメージを受け続けます。これからご案内するダメージがどのレベルまで改善できるか  〇、△、✕  でご説明すると

 

鉄粉

溶剤、ネンドでほぼ改善可能です。鉄粉の量にもよりますが、ボディを擦りダメージを受けた場合は、その後磨きが必要になります。

 

②塗装ミスト ◯

ボディやガラスは、ほぼ改善できますが、樹脂やゴムの部分は傷が入るので、綺麗に直すには部品交換になります。ボディは擦るので磨きが必要になります。

 

②水垢 ◯、△

ボディサイドの水垢などは殆ど改善できますが、細部の水垢など固着している場合は一部取り切れない場合もございます。

 

②洗車傷、擦り傷 △~〇

深い傷は残りますが、殆どの洗車傷は改善できます。ボディに無数に入った洗車傷は全て同一ではなく、浅い傷から深い傷まで様々です。

部分的に擦って入った傷は傷の深さで変化しますが、現状よりは良くなります。

 

③シミ △~〇

シミにも軽傷~重症までございます。洗車しても落ちないボディ平面部(ボンネット、ルーフ、トランク)に入った塗装を抉っている無数のシミ(ウォータースポット、陥没シミ)も一部残る~改善可能です。

 

④飛び石 ✕

飛び石で付いた傷は磨きでは改善できませんので、タッチアップ処理か塗装で修復となります。

 

⑤鳥糞跡 △

塗装に受けたダメージで修復可能か、不可能か、一部残る(ぼやける)か、磨いて見ないと判りませんが、現状よりは良くなります。

 

⑥針で刺した様な無数の跡 ✕

塗装を抉っているので磨きでは修復不可能です。

 

⑦艶引け ◯

赤や黒い車両に見られる、ボディの艶が無くなり白っぽくなっている状態ですが、改善可能です。

(上記ダメージは、状態により多少変動する事、実際に作業を施さないと判らない場合がある事をご了承下さい。ご希望の場合、試作業を致しますのでご相談下さい)

 

 ダメージを改善する為に無造作に下地処理(磨き)を施す事は出来ません。塗膜状態や磨きレベルを把握し、今までの経験、技術、知識で対応、最良の下地処理で改善しガラスコーティング剤を塗布致します。

ダメージは状態悪化して行きますが、改善することはございません。下地処理(磨き)コーティングでリセットする事をお勧め致します。

 

 どうぞ宜しくお願い致します。