車磨きコーティング屋「K.Mカーリフレッシュ」の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

車ボディのシミに付いて

f:id:kmcarrefresh:20200214164301j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200214164051j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200214164514j:plain

ボディ平面部のシミ(ルーフ、ボンネット)

車ボディに洗車しても取れないシミはないでしょうか?

例えばボンネットなどパネル全体を見ると、ボディがくすんで見えたり、ぼやけて見えたり、斑の様に見えたり、色味が変わって白っぽく見える場合もあります。シミはボディ側面より水が溜まやすい平面部(ボンネット、ルーフ、トランク)に出来やすいです。

どれも同じの様に思われるシミですが、実際は程度があり、簡単に落ちてしまう軽傷のシミから重症のシミまでございます。

軽傷のシミはボディに乗っかっているシミなので、洗車や溶剤で落ちてしまいます。

それでは、洗車しても取れないシミは、どの様な状態なのでしょうか?

シミは一見、表面に付着している様に見えますが、雨と太陽光の連鎖反応で塗装を抉ってしまう陥没したシミがございます。このシミは洗車や溶剤など使用しても落ちません。

コーティングニューは基本、新車か既存車の2選択が殆どですが、その作業内容に付いてです。特に既存車の場合、シミの程度があるにも拘らず、状態を把握、考慮しないでどのパネルも一律の処理で対応されてしまう場合があると言う事です。

シミは基本、陥没した所まで磨かないと改善できませんが、

闇雲に磨く事は出来ません。塗装膜が無くなってしまうからです。重症の陥没シミは塗装膜の関係から改善しきらずに、シミの輪郭が一部残る場合やシミの輪郭がぼやける範囲に収める(収めなければならない)場合もございます。

逆に、磨きが十分でないとシミが残る状態となります。当初の状態から殆ど改善されず作業完了となる可能性もございます。特に淡色は良く見えないので、後から気が付く可能性もございます。作業後にこのシミは除去出来なかったと言われるかもしれません。重症のシミは平面部に殆どなりますので、大型1BOXなどのルーフ面積が大きく高く見え難い部位は、改善できるのにも拘らず手抜きをされる事も考えられます。

コーティングコースやご予算との兼ね合いも御座いますが、この様な場合、作業される前にやはり現状をお客様と一緒に確認、試作業を含め説明を受けてからどのレベルまで改善されるのか確認する事は必要になると当店では考えております。仕上がりに影響を及ぼす大事な作業になるからです。

シミを改善した磨きコーティング後は、

艶や光沢が上がり、ぼやけて見えていた映り込みも改善され、洗車してもシミだらけの状態から解放された綺麗な塗装面が出現致します。

 

どうぞ宜しお願い致します。