kmcarrefresh’s diary

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他案内

車ボディに外敵要因で受けたダメージは何処まで改善できるのか?

車ボディのダメージは様々な外敵要因からダメージを受け続けます。これからご案内するダメージがどのレベルまで改善できるか  〇、△、✕  でご説明すると

 

鉄粉

溶剤、ネンドでほぼ改善可能です。鉄粉の量にもよりますが、ボディを擦りダメージを受けた場合は、その後磨きが必要になります。

 

②塗装ミスト ◯

ボディやガラスは、ほぼ改善できますが、樹脂やゴムの部分は傷が入るので、綺麗に直すには部品交換になります。ボディは擦るので磨きが必要になります。

 

②水垢 ◯、△

ボディサイドの水垢などは殆ど改善できますが、細部の水垢など固着している場合は一部取り切れない場合もございます。

 

②洗車傷、擦り傷 △~〇

深い傷は残りますが、殆どの洗車傷は改善できます。ボディに無数に入った洗車傷は全て同一ではなく、浅い傷から深い傷まで様々です。

部分的に擦って入った傷は傷の深さで変化しますが、現状よりは良くなります。

 

③シミ △~〇

シミにも軽傷~重症までございます。洗車しても落ちないボディ平面部(ボンネット、ルーフ、トランク)に入った塗装を抉っている無数のシミ(ウォータースポット、陥没シミ)も一部残る~改善可能です。

 

④飛び石 ✕

飛び石で付いた傷は磨きでは改善できませんので、タッチアップ処理か塗装で修復となります。

 

⑤鳥糞跡 △

塗装に受けたダメージで修復可能か、不可能か、一部残る(ぼやける)か、磨いて見ないと判りませんが、現状よりは良くなります。

 

⑥針で刺した様な無数の跡 ✕

塗装を抉っているので磨きでは修復不可能です。

 

⑦艶引け ◯

赤や黒い車両に見られる、ボディの艶が無くなり白っぽくなっている状態ですが、改善可能です。

(上記ダメージは、状態により多少変動する事、実際に作業を施さないと判らない場合がある事をご了承下さい。ご希望の場合、試作業を致しますのでご相談下さい)

 

 ダメージを改善する為に無造作に下地処理(磨き)を施す事は出来ません。塗膜状態や磨きレベルを把握し、今までの経験、技術、知識で対応、最良の下地処理で改善しガラスコーティング剤を塗布致します。

ダメージは状態悪化して行きますが、改善することはございません。下地処理(磨き)コーティングでリセットする事をお勧め致します。

 

 どうぞ宜しくお願い致します。