車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

トヨタ アルファード ニューリアルガラスコート

f:id:kmcarrefresh:20200324075049j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200324075130j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200324075213j:plain

磨きコーティング施工前の状態


f:id:kmcarrefresh:20200324075330j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200324075403j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200324080352j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200324075803j:plain

磨きコーティング(ニューリアルガラスコート)施工後


外装色はブラックで、新車から5年経過した車両のコーティングを施しました。

ボディは洗車傷と斑が確認されました。洗車しても傷が多いので、丁寧な磨きコーティングを施さないと、本来の艶や光沢は再現されません。

新車時にコーティングを施されたとの事ですが、定期メンテナンスは受けてこられなかったので、それまでの環境や洗車方法は非常に重要になってきます。

濃色車はなるべく優しい洗車を行わないと傷が増えて目立ちますので、淡色に比べてお手入れは難しく大変になります。

一度入ってしまった洗車傷は洗車や液剤等では戻りませんので、

今回、ボディ全体に5年間の蓄積された洗車傷をリセットして、新車時の様な光沢を再現致しました。

濃色の魅力(特にブラック)は、やはり艶や光沢です。丁寧に磨きコーティングされた車両は、淡色に比べ一段と輝きます。

このリセットした状態を如何にキープする事を考えた時、

今後はなるべく優しい洗車して頂き、状態を悪化させない為に、定期的なメンテナンスを受け付けますのでご相談下さい。

 

 どうぞ宜しくお願い致します。