車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

日産 セレナ 嘔吐クリーニング

f:id:kmcarrefresh:20200609171735j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200609171805j:plain

嘔吐クリーニング~抗菌消毒処理


2列目シートに嘔吐され、クリーニングのご相談を頂きました。

当店クリーニングでもこの問い合わせは結構多いです。

 

嘔吐後は、簡単な処理で済ませる事も多いかと思いますが、何か臭いの出る物は、その時は出なくても、時間が経過すると後から必ず臭いと菌が発生します。

 

良くあるのが、表面上クリーニングを施して

①抗菌スプレーを撒いた

②重層を撒いた

③消臭材を置いた

など、見受けられますが、何れも根本的な処理を施した上でないと無意味、と当店では考えます。

例えば、車のコーティングでボディが傷んでいる(嘔吐など)にも拘らず、下地処理(リンサーなど)で改善しないで、コーティング(上の①、②、③)を施した場合、効果が期待できない事と同じです。

 

今回、お客様が、表面上の処理をされ時間はそれほど経過してなかったので、強烈な臭いはしませんでしたが、リンサーにてシート内部に入る込んだ嘔吐(臭いの元)を除去、その後、抗菌消毒処理を施しました。

 

プラスαのメリットとして、

クリーニングを施す部分が汚れている場合、同時に除去するので当初以上の綺麗な状態になります。

 

何か臭いが出る物を零された等、一刻も早く処理を施すことが、後々のダメージ軽減に繋がりますので、お困りのお客様はご相談下さい。

 

どうぞ宜しくお願い致します。