車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

ダイハツ ムーブ ルームクリーニング(香水臭除去)

f:id:kmcarrefresh:20200515184539j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200515185108j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200515184615j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200515184700j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200515184807j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200515184859j:plain

車内全体クリーニング、抗菌処理

車内の臭いが気になるとの事でご相談を頂きました。お持込時に拝見すると車内は香水の臭いが確認され、車内を見渡すとサイドドアポケットには香水があり、臭いが漏れてました。

タバコ臭や失禁、嘔吐などの臭いよりも、香水、ガソリン、灯油系の臭いは取れ難く、クリーニングで洗浄し抗菌処理を施すのですが、臭いの成分が取れるまでの時間も掛かります。

何かを零して臭いが出ている場合は、その部分をクリーニングで改善すれば良いのですが、香水の臭いは車内全体に行き渡るので、部分的に臭いの元を見つけるのも難しく、車内に消臭剤をまいても、臭いが素材に入り込んでいると消えません。

今回、決定的な臭いの元も判らなく、各素材に臭いが入り込んでいる状態なので、車内全体リンサークリーニングを施し抗菌処理を施しました。施工後は車内に香水を置くと臭いが取れないので、車外に出して頂きました。

作業を施すと、汚れてたルーフや運転席シートも汚れも同時に除去、リアドアを開けると臭うので、スペア―タイヤも外してクリーニングを施しました。

施工後にお客様に確認頂くと、臭いは大分軽減されたとお言葉を頂戴しました。施工直後は水分が残るので臭いも残りますが、時間の経過と共に臭いも取れて行くと思います。 

 

車内の密閉された空間の臭いは、乗車直後は気にならなくても、時間が経つと気分が悪くなり、車酔いの原因にもなります。

当店では車内の汚れや臭いの改善策をご堤案致しますので、お困りのお客様はご相談下さい。

 

どうぞ宜しくお願い致します。