車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

ポルシェ マカンGTS コーティングメンテナンス

f:id:kmcarrefresh:20200407180233j:plain

アルミホイールのブレーキダスト汚れ


f:id:kmcarrefresh:20200407180245j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200407180303j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200407180340j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200407180400j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200407180418j:plain

コーティングメンテナンス施工後


屋外保管の1年コーティングメンテナンスです。

屋根のある場所には駐車されてないので、どうしても状態は悪化してしまいます。

しかし、条件の悪い車両は、コーティングメンテナンスで繋いで行けば、ダメージの軽減や綺麗な状態を維持できます。

 

今回、メンテナンスを施工するに当たり車両状態は、

鉄粉付着

ボンネットの水垢

水の溜まりやすいルーフに花粉、黄砂の影響含めシミ

エンブレムやドアノブ、その他各所の細部水垢

サイド下部に跳ね汚れ

サイドリアガラスの汚れ

アルミホイールのブレーキダスト汚れ

マフラーカッターの煤汚れ

各ドア、ボンネット水切部の汚れ

リアバンパーに5cm位の線傷 など

 

輸入車はブレーキダストが多く、オーナー様は年間2万キロ位乗車されるので、ホイールは特に汚れてました。

今回は、ダメージが確認された上記を改善しメンテナンスを施しました。

 

当店のコーティングメンテナンスは、程度やご予算からメンテナンスの処理内容(コース)は変動致します。

お車拝見し、現状をお客さまと一緒に確認、若しくは、現状をお伝えするので何処までのメンテナンス作業を望まれるか、お見積り含めてオーナー様と一緒に決めて行ければと考えております。

コーティングメンテナンス

 

どうぞ宜しくお願い致します。