車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

アルミホイールコーティングに付いて

f:id:kmcarrefresh:20200526154317j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200526154351j:plain

ホイールクリーニング ~ コーティング


f:id:kmcarrefresh:20200526153116j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200526153129j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200526153201j:plain

持込ホイールクリーニング ~ コーティング


f:id:kmcarrefresh:20200526152835j:plain

新品持込ホイールコーティング(赤外線照射乾燥)

 

車ボディが綺麗でもホイールが汚れていると全体の印象も引き締まらなくなり、折角の綺麗さも軽減してしまいます。足回りのホイールもボディのガラスコーティングと同時に施工しておきたい項目でございます。

 

そのホイールですが、走行すると汚れやブレーキダストが付着してきます。コーティングを施し対策しておけば、汚れ軽減になるので、洗車も楽になります。

 

コーティング剤は

①簡易タイプ

②硬化被膜タイプ

をご用意しております。

 

良くご依頼頂く作業は、

アルミホイールを変えたので、車両の装着前にお持込み頂いて、コーティングを施す作業が多いです。

 

汚れやすいホイールは、

輸入車はブレーキダストが多く出るので汚れます。走行が多い車両も汚れますが、ブレーパットの材質、ホイールの材質によっても変わってきます。

 

オプションで、

赤外線定着乾燥を施工致します。強制的に赤外線で乾燥させるのでコーティングの定着UPが期待できます。

 

ホイールもボディ同様、コーティングを施した後のメンテナンスは必要になります。

定期的にメンテナンスを施せば綺麗な状態がキープできますが、何もしないと汚れは蓄積して行くので、対策、改善は必要になります。

 

この様なご要望に、

ホイールをなるべく綺麗に維持したい

輸入車に乗っている

年間の走行距離が多い

アルミホイールコーティング  をお勧め致します。

 

どうぞ宜しくお願い致します。