車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

BMW 2シリーズ グランツアラー カーフィルム施工

f:id:kmcarrefresh:20200408193052j:plain

カーフィルム施工前


f:id:kmcarrefresh:20200408193305j:plain

ドライブレコーダー取り外し後


f:id:kmcarrefresh:20200408193242j:plain

カーフィルム施工後

 

リアセット7面のカーフィルム施工ですが、

リアガラスにはドライブレコーダーが取り付けてありました。

この状態ではフィルムが貼れないので、ドライブレコーダーは取り外します。

 

その後、ドライブレコーダーを取り付ける場合、

①フィルムの上からドライブレコーダーを取り付ける

②取り付け部分を切り抜きガラス面にドライブレコーダーを取り付ける

 

①の場合、リスクとして後々フィルムが剥がれてくる可能性がございます。(剥がれた場合は、貼り直し対象外となりますのでご了承願います)

今回は、お客様と相談し②で貼る事にしました。

但し、フィルムを取り付け部分以上に大きく切り抜くと、車内から見た場合、切り抜いた部分がフィルムが貼られてない状態になるので、そこだけ明るくなり違和感が出てしまいます。

そこで、切り抜いた部分が隠れるように、取り付け部分より一回り小さく切り抜いてフィルムに干渉しないようガラス面にドライブレコーダーを取り付けました。

 

最近はリアガラスにドライブレコーダーが付いている車種も増えてきました。

フィルムを貼る場合、切り抜きの有無をお知らせ願います。

 

どうぞ宜しくお願い致します。