車磨きコーティング屋「K.Mカーリフレッシュ」の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

BMW 320dツーリング アルミホイールクリーニング

f:id:kmcarrefresh:20200926181004j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200926181029j:plain

ホイールクリーニング(内側、外側)

 

コーティングのご依頼車両ですが、既存車なので通常ホイールは汚れてます。

新車のホイールは走行してないのでホイールは綺麗ですが、既存車のホイールはそれぞれ程度がございます。

 

単にホイールの汚れであれば、洗車で綺麗になりますが、厄介な汚れの原因として『ブレーキダスト』が上げられます。

前にもお伝えしましたが、国産車より輸入車のほうがブレーキダストが出るので汚れますが、

ここで問題なのが『走行距離』です。

輸入車で走行距離が多く、ノーメンテナンスでブレーキパットのダストが出る車両ほど、ホイールは汚れてると言うことになります。

 

今回の車両は走行9万キロオーバーで、仮に途中でクリーニングやコーティングを施されていれば、勿論状態は変化しますが、外側は比較的綺麗でしたが、内側はブレーキダストが蓄積され汚れてました。

ブレーキダストは通常の汚れとは異なり、付着と言うよりダストが突き刺さるので簡単には除去出来ません。

通常のシャンプー洗車程度では落ちないので、蓄積されたダストが多いほど時間を掛けて丁寧に汚れを除去して行かなければ綺麗になりません。

 

ホイールの汚れを何処まで気にするのか?を考えた時、

①外側が綺麗であれば内側の汚れは問題ない

②内側の汚れも気になるので綺麗にしたい

ここで作業の分岐点が起こりますが、

 

基本、当店でのコーティング作業はホイールの内側、外側のクリーニングを行いますが、

ご予算の兼ね合いや程度から外側のみの場合や別途ご相談となる場合がございますので、予めご了承下さい。

 

何れにしても、拝見しないでお見積りをご提示できる場合もございますが、基本はお車拝見してから何処までの作業を施すのかを含め、正確なお見積りのご提示を考えておりますので、

 

どうぞ、ご理解の上、宜しくお願い申し上げます。