車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

G’zoxリアルガラスコート リニューアルのお知らせ

f:id:kmcarrefresh:20200601192238j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200601192301j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200601192323j:plain

G'zoxリアルガラスコート classR ckassH classM

 

昔のコーティング剤は撥水タイプがメインでした。水や雨を弾かないとコーティングが効いてないと勘違いされる場合もございました。

しかし、現在は、疎水や親水など、シミリスク軽減などを考え、あえて水弾きを抑えたコーティング剤も増えてきました。

2020年6月1日にリニューアルされたリアルガラスコートは、

リアルガラスコート classR

リアルガラスコート classH

リアルガラスコート classM

の3種類で、環境に合わせたコーティング剤を選択できるので、施工後の状態維持、リスク軽減に貢献致します。

 

車はコーティング施工後の、使用状況や駐車環境などが異なります。

どうしてもその影響から、完全に良い状態をキープする事は、程度の違こそございますが難しくなります。

 

 今回新たに採用された項目として、リアルガラスコート施工後の車両状態に合わせたメンテナンスコースが導入され、コーティング有効期限まで、最良のコンディションをキープすることが選択可能となります。

 

 そのコースは、

①エクストラフィニッシュ(状態が悪い場合)

②リファインフィニッシュ(状態は悪くないがコーティング性能の回復)

③ライトフィニッシュ(状態が比較的良い場合)

となります。

 

当店では、ボディメンテナンス以外にも、車両全体を見渡しボディ以外のコンディションが悪い部位も改善致します。

お車拝見し状態維持のベストなご堤案を考えておりますので、

 

どうぞ宜しくお願い致します。