kmcarrefresh’s diary

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他案内

施工環境に付いて

f:id:kmcarrefresh:20200214160512j:plain

ボディ状態を把握する為の各種ライトを設置


コーティングを施工する場合、どのような環境で施工するのかは重要です。

出張での施工などは、コーティングは出来ますがそれぞれ施工環境が違うので、最良の施工が出来るかは難しくなると思われます。

当店では最良のコーティング施工を施すために、

①空調や防塵塗料の床、外部からの要因を凌げる密閉された施工ブース

②車両状態を把握する為、暗室を作り出す遮光カーテンの設置

③傷やシミが判り難い白色でも確認できる数種類の各種ライトの設置

④給湯器設置で使用する水はろ過された浄水をを使用

を完備しております。

もちろん完備されているだけでは意味がないので、今までの経験、知識、技術で施工致します。

コーティング剤の性能も重要ですが、最良の施工環境が備わる事がコーティング施工をする上で重要になると当店では考えます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車磨きに付いて

車磨きとは、コーティング塗布前の下地作業で、この作業がおろそか、中途半端な作業を行うとその状態のままコーティングすることになります。

HPでもご案内させて頂いておりますが、コーティング作業において非常に重要な項目になります。

磨きは新車含め、全て同一ではなく、車個々の程度(傷やシミの入り方、量、深さや艶、定着率)などを考慮しなけばならないので、闇雲に磨く事は出来ません。

例えば、クラス分けさた、A(エントリー)コーティングが¥〇〇〇、B(ミディアム)コーティングが¥〇〇〇、C(プレミアム)コーティングが¥〇〇〇 と記載されたメニューがあるとします。

明快に判るのは、新車か既存車、車両の大きさ、コーティング剤などが一般的には価格付けの違いになると思いますが、

それ以外に考えられるのが、コーティング塗布までの磨き作業がどのレベルで施工されるのか、

Aコーティグを使用する場合は価格が安い場合が多いので磨きはそれなりになるかと思われます。

Bコーティングは、施工店の考え方により磨きの違いが出てくるのではないかと思われます。

Cコーティングは施工環境、磨き、作業内容など、最良の条件が備わる事が必要になると思われます。

当店では車の状態に合わせた磨きを第一に考えておりますので、Cの条件で磨き、お客様のご予算からコーティング剤をご選択頂けるようにしております。

個々の施工店により考え方の違い、磨き方の違いがございますので、その当たりの重要な部分は施工店に確認する事をお勧め致します。

別メニューとして、リーズナブル価格の簡易磨きコーティング「クイックコーティング」 も取り扱いますので、お問い合わせ下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

車内リンサークリー二ング後の対応に付いて

f:id:kmcarrefresh:20200214162145j:plain

リンサー後、除湿乾燥機を車内に導入

車内クリー二ングでリンサー処理を施すと、水(お湯)を出しながら汚れを吸引して行くので綺麗になるのですが、デメリットとして完全に水分を取り除く事が出来ません。

汚れた部分を綺麗にしたつもりでも、乾いてから確認すると、汚れや臭いが残っている(浮いてくる)場合がございます。

例えば衣類を洗濯したとして、半乾きでは良く判らない様な状態です。

出張作業などではリンサー作業で完了となり、寒い時期や車内全体リンサー処理などは特に乾きが遅くなるので半乾きとなり、乾いた後の状態把握が出来ません。

当店ではクリー二ング後の状態把握を行う為、車内に除湿乾燥機を導入し強制乾燥させますが、それでも部分クリーニングで最低1日、全体クリー二ングで2日位は乾くのに時間が掛かります。車両はお預り期間中に何度も確認しながら仕上げて行きます。

基本は除湿乾燥処理ですが、作業後に急ぎで車を使用したい場合などは、臨機応変に対応致しますので、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

コーティング剤の選択に付いて

f:id:kmcarrefresh:20200214162536j:plain

G'zox ニューリアルガラスコート /ハイドロフィニッシュ


f:id:kmcarrefresh:20200214162513j:plain

G’zoxの層式プレミアムコーティング、ハイモースコート ザ・ネオ / ザ・グロウ


 

 

コーティング剤と言ってもその種類は数え切れない程存在し、お客様もどのコーティング剤で施工するか悩まれると思います。

 

当店では、出来る限りお客様のニーズに対応出来るように数種類のコーティング剤を取り揃えてございます。

そのコーティング剤はエントリー、ミディアム、プレミアムと大きく分けると3段階位にクラス分けされています。

判りやすく言うとコーティング剤も同一ではなく、溶剤や施工方法の違いなどから価格の安いタイプから高級品まであるという事です。

コーティング剤選択の考え方として、屋内駐車で雨風が凌げる環境の場合は、基本水弾きはどのコーティング剤で大丈夫ですが、屋外駐車で濃色車の場合はリスク軽減から疎水、親水を選択されるのがベストかと思います。

イメージとしてはコーティング剤の良し悪しで全てが決まると思われているお客様も多いと思いますが、当店では最適な下地処理とコーティング剤塗布で性能を100%発揮できると考えております。

お客様のご予算からクラス分けされたコーティング剤を選択して頂ければと思います。

コーティング剤も昔のワックスやポリマーから進化し、現在はガラスコーティングが主流になりました。これからも更に良いコーティング剤が出てくると思われますが、当店でも逸早く対応して行きます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

各種(ガラス、ガラス系、ガラス被膜)コーティング剤 埼玉 「K.Mカーリフレッシュ」

 

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでうございます。昨年度は大変お世話になりありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

厳しい情勢が続いておりますが、皆さまもどうぞお体に気を付けてお過ごしく下さいませ。

2020年 元旦 K.Mカーリフレッシュ 松島貢一

当店コーティングの考え方

新車を購入されたのでコーティングを施工したいと思われているお客様も多いと思います。

施工するに当たり、

① 新車は元々綺麗なので、状態は悪くないから下地処理は必要ないと決めつけ、ボディ状態も確認しないでコーティング剤を塗布して完了。

② 新車でも状態を確認し問題がある部位は下地処理で鉄粉除去や車磨きで修復、問題がなくてもボディの光沢向上やコーティングの定着率を上げるために、ボディ全体新車磨きを行いコーティングを施す。

どちらもコーティングですが、当店では②で施工しております。

下地処理と言う工程とコーティング剤塗布で初めてコーティング施工を施したと当店では考えております。

下地処理には最良の仕上がりを施すため、欠かすことが出来ない施工環境も必要です。
現状のボディ状態が判らないのに、下地改善は出来ません。

当店では各種コーティング剤を取り扱い、お客様の駐車環境や近隣環境、ボディ色などから最適なコーティング剤をご用意しております。

下地の状態(程度)やコーティング剤などから価格は変動致しますが、基本は下地処理に重点を置き、その上でご予算と照らし合わせベストなコーティング剤をご案内しております。

新車や中古車を購入したのでコーティングを検討されている、既存車で状態が悪くなってきたのでコーティングで綺麗にしたい とお考えのお客様は、コーティング塗布前の下地処理を 『どの様な環境でどの様な処理を行うか』を施工店に確認されてからコーティングする事をお勧め致します。

参考までに・当店では車両お持込時にお客様と一緒にボディの状態チェック や 必要あれば現状が何処まで改善されるか一部試磨きもしております。

どうぞ宜しくお願い致します。

コーティング施工環境、作業の流れ

トヨタ プリウス コーティングメンテナンス

f:id:kmcarrefresh:20191219132215j:plain

コーティングメンテナンス


一年毎にメンテナンスを施しているプリウスですが、今回も時期が来たので施工させて頂きました。

コーティングを施すと3年、5年とかノーメンテナンスで良いという事をよく聞きますが、手放しでは良い状態は維持出来ません。

もちろん保管場所、近隣環境、洗車方法、コーティング剤などから3年~5年綺麗な状態を維持出来る車両も存在致しますが、100%施工直後の状態を維持出来ているかどうかと考えると少なからず状態は悪化して行きます。

その中でも、特に違いが大きく変わる要因の一つに上げられるのが、車両の保管場所です。

今回施工した車両は屋外保管です。保管場所によって汚れ具合は変わるので、どうしても屋根付きや屋内保管と比較するとリスクは上がってしまいますが、定期的にメンテナンスを施せば、良いコンディションがキープできます。

そのメンテナンスですが、通常はメンテナンス剤の上塗りのみの対応になります。艶や輝き、水弾きなど現状以上に戻りますが、メンテナンス剤のみで解決できない要因もございます。

もちろんそのメンテナンス上塗りのみで良いのであれば問題はございませんが、当店ではメンテナンス剤の上塗りだけでけではなく、状態を確認しそれに見合ったメンテナンスも行います。

 お客様のご要望やどのレベルのメンテナンスを施すかなどをお客様と一緒に状態確認しながら決めて行く事も可能です。

 考え方としては、”現状を更に悪化させない為、通常メンテナンス以上のメンテナンスで、良い状態を維持しておく” と言う事です。

 どうぞ宜しくお願い致します。

 

コーティングメンテナンス 埼玉「K.Mカーリフレッシュ」