車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

車磨きに付いて

車磨きとは、コーティング塗布前の下地作業で、この作業がおろそか、中途半端な作業を行うとその状態のままコーティングすることになります。

HPでもご案内させて頂いておりますが、コーティング作業において非常に重要な項目になります。

磨きは新車含め、全て同一ではなく、車個々の程度(傷やシミの入り方、量、深さや艶、定着率)などを考慮しなけばならないので、闇雲に磨く事は出来ません。

例えば、クラス分けさた、A(エントリー)コーティングが¥〇〇〇、B(ミディアム)コーティングが¥〇〇〇、C(プレミアム)コーティングが¥〇〇〇 と記載されたメニューがあるとします。

明快に判るのは、新車か既存車、車両の大きさ、コーティング剤などが一般的には価格付けの違いになると思いますが、

それ以外に考えられるのが、コーティング塗布までの磨き作業がどのレベルで施工されるのか、

Aコーティグを使用する場合は価格が安い場合が多いので磨きはそれなりになるかと思われます。

Bコーティングは、施工店の考え方により磨きの違いが出てくるのではないかと思われます。

Cコーティングは施工環境、磨き、作業内容など、最良の条件が備わる事が必要になると思われます。

当店では車の状態に合わせた磨きを第一に考えておりますので、Cの条件で磨き、お客様のご予算からコーティング剤をご選択頂けるようにしております。

個々の施工店により考え方の違い、磨き方の違いがございますので、その当たりの重要な部分は施工店に確認する事をお勧め致します。

別メニューとして、リーズナブル価格の簡易磨きコーティング「クイックコーティング」 も取り扱いますので、お問い合わせ下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。