車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

マツダ RX-8 車磨き2層プレミアムコーティング

f:id:kmcarrefresh:20200301211859j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200301211925j:plain

磨きコーティング前の状態


f:id:kmcarrefresh:20200302145713j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200302145922j:plain

磨きコーティング後の状態

初年度登録から15年以上経過している車両のコーティングのご相談を頂きました。

年数が経っても綺麗な車両は存在しますが、総じて年数が経過する程、ボディ状態が悪化している車両は多いです。

その様な場合、現状を改善させる事が出来るか否かが、先ずは判断基準となります。

戻らない(綺麗にならない)場合は塗装しかありませんが、今回は修復可能でした。

現状はボディがくすみ、映り込み、艶がなく、平面部はシミが蓄積されているので、それに合わせた処理を施さないと綺麗になりません。陥没しているシミのダメージが大きくが深い部位まで抉ってましたので、塗装膜を考慮しながら、出来る範囲で改善しコーティングを施しました。

作業後は、艶、光沢が改善され、映り込みも復活しました。

当初、一度話しを聞きたいとお伺いしておりましたので、ご来店時に一部、試作業させて頂き、どの位まで改善できるか、確認して頂いておりました。

今回の様なボディ状態でも『磨きコーティング』で改善可能ですので、塗装しかないと諦めていたお客様はご相談下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。