車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

ヘッドライト・テールライトの傷みに付いて

f:id:kmcarrefresh:20200526165338j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200526165714j:plain

ヘッドライトコーティング(施工前後)


f:id:kmcarrefresh:20200526172038j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200526172128j:plain

テールライトコーティング(施工前後)

 

新車のヘッドライトはとても綺麗です。いつまでもこの状態を維持したいと誰もが思いますが、外敵要因によりヘッドライトは傷んでしまいます。

 

昔のヘッドライトは、ガラスで作られていたので劣化は起こりませんでしたが、現代のヘッドライトは安全性を考慮してポリカーボネートで作られております。

 

そのポリカーボネートの弱点として、

太陽光の当たる環境に車両を駐車されると痛みやすくなり劣化が早まります。なるべく太陽光の当たらない場所に駐車して頂く事が重要になります。

 

対策、改善として、

新車の場合、劣化してないですが保護目的でコーティングを施す。

劣化している場合、

既に劣化しているので、改善してコーティングを施す。

(但し、程度により完全修復不可能な場合、ヘッドライトの内側のダメージは改善不可になりますのでご了承下さい)

となります。

又、痛みが激しいと車検で合格しないので、改善する必要がございます。

 

ヘッドライトを改善しても、駐車環境は変わらずに、太陽光の当たる場所に駐車されている場合など、車ボディ同様、メンテナンスが必要になる場合がございます。

 

 ヘッドライトのくすみ、黄ばみ、曇り、ザラザラ、劣化などのトラブルを抱え、交換しないと直らないと諦めていたお客様は、改善可能ですのでご相談下さい。

 リアのテールライトもヘッドライトほど気にならないと思いますが、手入れが悪いと傷が入ってしまい艶がなくなります。

改善しコーティングを施すと本来の艶のある綺麗なテールライトになりますので、気になるお客様はご相談下さい。

ヘッドライト・テールライトコーティング

 

どうぞ宜しくお願い致します。