車磨きコーティング屋の考え方

車磨きコーティング、車内クリーニング、カーフィルム、その他、作業の考え方やご説明、ご案内など

ガラスの傷(ワイパー傷など)に付いて

f:id:kmcarrefresh:20200526090155j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200526090415j:plain

f:id:kmcarrefresh:20200526090345j:plain

フロントガラスのワイパー傷 ~ ワイパー傷除去(磨き後)

 

車のフロントガラスは硬いのでボディと違い、よほど硬いもので擦らない限り傷は入らないのでは? と考えるお客様もいらっしゃるかと思いますが、

 

一見、判り難いのですが、正確にはガラスも傷は入ります。

その中で比較的多いのが、ワイパーで傷が入ってしまう場合です。

 

フロントガラスをワイパーゴムで往復させて、ガラス面の雨水を切りますが、その時に、ガラスの汚れ、ワイパーゴムの汚れや劣化、ワイパーのカラ回しなど、状態や状況が良くないと、徐々にガラス面に傷が入ってしまいます。

傷は判りにくいので、気が付いた時には「ガラスがワイパー傷だらけになっていた」と言う事もございます。

傷の確認は、ワイパーの軌道に沿って入っているので、ガラス面にライトを当てると判ります。傷が多いと対向車のライトで乱反射を起こし視界が悪くなるので、それで確認することも可能です。

 

処理方法は、

ガラスの傷(ワイパー傷)を磨きで改善して行くのですが、

①磨いた部分は、ガラス撥水コーティングが取れてしまいます。

②磨いた部分は、油膜やシミ(ウロコ)が同時に除去できます。

と言う、①のデメリットと②のメリットがございます。

 

 

この様なご要望に

ガラス交換でしか直らないと諦めていた

対向車のライトで乱反射が起きてしまう

視界を良好な状態に改善したい

など、

当初の状態より確実に改善(深い傷は残る場合はございます)されるので、気になるお客様はご相談下さい。

ワイパー傷・ガラス磨き

 

どうぞ宜しくお願い致します。